質的調査の方法―都市・文化・メディアの感じ方 (第2版)

個数:

質的調査の方法―都市・文化・メディアの感じ方 (第2版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月29日 00時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 186p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589038050
  • NDC分類 361.9

目次

第1部 質的調査への入り方(質的調査へのいざない―すぐ近くにある調査の扉を開けてみよう;質的調査の歴史と考え方―「調べること」のおもしろさを深めよう;質的調査の特徴・魅力・難しさ―調査をはじめる前に)
第2部 質的調査の進め方(観察法―まず「日常」を記録しよう;参与観察法―「バイク便ライダー」の世界をどのように知るか?;インタビュー法―「エンコー」から何がみえるか?;ライフストーリー法―いかに「具体的な人間」を描くことができるのか?;雑誌分析法―ファション誌は何を伝えているのか?;文化資料分析法―「歌詞」から社会をみわたせるか?;映像分析法―「アニメ」のどこをどう読むか?;生活財生態学法―アートと日記をフィールドワークする;アクションリサーチ法―誰でもメディアになれる?)
第3部 質的調査のまとめ方(質的調査と調査倫理―社会的行為としての社会調査;質的調査の表現とふりかえり―調査の「終わり方」の重要性)

著者紹介

寺岡伸悟[テラオカシンゴ]
1964年生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了/博士(文学)。奈良女子大学文学部教授

工藤保則[クドウヤスノリ]
1967年生。甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学/博士(社会学)。龍谷大学社会学部教授

宮垣元[ミヤガキゲン]
1970年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士後期課程修了/博士(政策・メディア)。慶應義塾大学総合政策学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

質的調査の定評書に、新たに2つの調査の方法、分析・考察の手法をくわえて改訂。社会調査士資格取得カリキュラムF・Gに対応。

工藤 保則[クドウヤスノリ]
工藤 保則(龍谷大学教授)

寺岡 伸悟[テラオカシンゴ]
寺岡 伸悟(奈良女子大学教授)

宮垣 元[ミヤガキゲン]
宮垣 元(慶應義塾大学教授)

永井 良和[ナガイヨシカズ]
永井 良和(関西大学教授)

阿部 真大[アベマサヒロ]
阿部 真大(甲南大学准教授)

圓田 浩二[マルタコウジ]
圓田 浩二(沖縄大学教授)

小林 多寿子[コバヤシタズコ]
小林 多寿子(一橋大学教授)

米澤 泉[ヨネザワイズミ]
甲南女子大学准教授

南田 勝也[ミナミダカツヤ]
南田 勝也(武蔵大学教授)

山里 裕一[ヤマサトユウイチ]
山里 裕一(広島修道大学教授)

藤本 憲一[フジモトケンイチ]
藤本 憲一(武庫川女子大学教授)

西川麦子[ニシカワムギコ]
西川麦子(甲南大学教授)

近森 高明[チカモリタカアキ]
近森 高明(慶應義塾大学准教授)

岩渕 亜希子[イワブチアキコ]
岩渕 亜希子(追手門学院大学准教授)

栗田 正和[クリタマサカズ]
栗田 正和(朝日放送総合ビジネス局ビジネス戦略センター長)

井上 忠司[イノウエタダシ]
井上 忠司(元甲南女子大学教授)

加藤 文俊[カトウフミトシ]
加藤 文俊(慶應技術大学教授)