リーディングス刑事訴訟法

個数:
  • ポイントキャンペーン

リーディングス刑事訴訟法

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 418p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589037145
  • NDC分類 327.6
  • Cコード C3032

目次

基礎理論―平野龍一「刑事訴訟法の基礎理論」(1960~1961年)同『訴因と証拠』(有斐閣、1981年)1頁以下所収
歴史的分析―小田中聰樹『刑事訴訟法の歴史的分析』(日本評論社、1976年)
モデル論―田宮裕『刑事訴訟とデュー・プロセス』(有斐閣、1972年)
弁護論―高田昭正『被疑者の自己決定と弁護』(現代人文社、2003年)
検察官論―川崎英明『現代検察官論』(日本評論社、1997年)
裁判官論―小田中聰樹「刑事司法論の基礎視点―田宮裕著『刑事訴訟とデュー・プロセス』を読んで」同『現代刑事訴訟法論』(勁草書房、1977年)277頁以下所収
捜査構造論―平野龍一「捜査の構造」同『捜査と人権』(有斐閣、1981年)67頁以下所収
令状主義―井上正仁『捜査手段としての通信・会話の傍受』(有斐閣、1997年)
被疑者取調べの性質論―多田辰也『被疑者取調べとその適正化』(成文堂、1999年)
取調べと防御権―小坂井久『取調べ可視化論の現在』(現代人文社、2009年)〔ほか〕

著者等紹介

川崎英明[カワサキヒデアキ]
1951年生。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学/博士(法学)。現在、関西学院大学院司法研究科教授

葛野尋之[クズノヒロユキ]
1961年生。一橋大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学/博士(法学)。現在、一橋大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。