ネットワークの地域経済学―小さな会社のネットワークが知域をつくる

個数:

ネットワークの地域経済学―小さな会社のネットワークが知域をつくる

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 190p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589031297
  • NDC分類 332.9

目次

第1章 地域経済におけるネットワークと地域づくり
第2章 中央政府依存から内発性に依拠した北海道経済へ
第3章 企業間ネットワークと地域経済のパラダイム
第4章 地域ネットワークのパラダイム(1)―森林資源でつなぐネットワーク:北海道下川町の森林クラスターの試み
第5章 地域ネットワークのパラダイム(2)―幻の小麦・ハルユタカをめぐる地域経済ネットワーク
第6章 くらしのネットワークパラダイム
第7章 イタリア南部政策の新しいパラダイム―地域主体のネットワーク型地域づくりへ

著者紹介

高原一隆[タカハラカズタカ]
1947年広島県東広島市生まれ。1970年愛媛大学文理学部卒業。1978年立命館大学大学院博士課程単位取得。1981年札幌商科大学(現札幌学院大学)。1999年広島大学総合科学部。2001年博士(経済学)立命館大学。2003年北海学園大学経済学部。2008年北海学園大学開発研究所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

地域経済学の基本をわかりやすくまとめた教科書。基盤となる産業とそのネットワークに基づいた自立した地域経済の構築を、北海道やイタリアの事例をもとに体系的にまとめる。