シティズンシップとベーシック・インカムの可能性

個数:
  • ポイントキャンペーン

シティズンシップとベーシック・インカムの可能性

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月03日 05時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589031129
  • NDC分類 364

内容説明

いま問われるベーシック・インカムという思考実験。原理的な考察からはじめ、財源までを提示。実現可能性を探る。社会政策学のみならず法学・経済学・政治学などから多面的に検討。

目次

社会政策の20世紀から21世紀へ
第1部 原理的な考察からの出発(21世紀社会政策の構想のために―ベーシック・インカムという思考実験;“社会的排除”の観念と“公共的経済支援政策”の社会的選択手続き;シティズンシップとベーシック・インカムをめぐる権利の理論;シティズンシップとベーシック・インカム)
第2部 日本の現実への接近(ベーシック・インカム論が日本の公的扶助に投げかけるもの―就労インセンティブをめぐって;基礎年金制度の類型とその決定要因―ベーシック・インカムとの関係に焦点を当てて;日本の児童手当制度とベーシック・インカム―試金石としての児童手当;日本におけるベーシック・インカムに至る道)
座談会 ワークフェアとベーシック・インカム―福祉国家における新しい対立軸

著者紹介

武川正吾[タケガワショウゴ]
1955年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は福祉社会学、社会政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)