神戸学院大学法学研究叢書<br> “9・11”の衝撃(インパクト)とアメリカの「対テロ戦争」法制―予防と監視

個数:
  • ポイントキャンペーン

神戸学院大学法学研究叢書
“9・11”の衝撃(インパクト)とアメリカの「対テロ戦争」法制―予防と監視

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 302p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589031099
  • NDC分類 316.4

内容説明

本書は、2001年9月11日にアメリカで起こった「同時多発テロ」事件以後に展開された一連のアメリカにおける対テロ法制(テロ対策法制)の全体像について、“9・11”以後の安全と自由の対抗・緊張関係の不可逆的な変容という観点から検討する。

目次

第1章 “9・11”の衝撃と「対テロ戦争」
第2章 “9・11”以前のアメリカにおける対テロ法制の展開
第3章 “9・11”の衝撃と「対テロ戦争」法制の展開1―概観と定義
第4章 “9・11”の衝撃と「対テロ戦争」法制の展開2―愛国者法/国土安全保障法を中心に
第5章 FISAによる電子的監視と愛国者法
第6章 “9・11”の衝撃とテロ情報の共有・情報機関の再編

著者紹介

岡本篤尚[オカモトアツヒサ]
神戸学院大学大学院実務法学研究科(法科大学院)教授。博士(法学)。広島大学総合科学部助教授、神戸学院大学法学部教授を経て、2004年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

アメリカにおける「対テロ戦争」法制下で展開した、愛国者法、国土安全保障法、電子的監視およびテロ情報共有システムを実証的に解明。安全保障法制の不可逆的な構造転換を検証する。