公務員制度の研究―日米英幹部職の代表性と政策役割

個数:
  • ポイントキャンペーン

公務員制度の研究―日米英幹部職の代表性と政策役割

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 322p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589029270
  • NDC分類 317.3

目次

第1部 公務員制度における「代表的官僚制」論の評価と代表性(アメリカにおける「代表的官僚制」論の評価;イギリスと日本における「代表的官僚制」論の評価;アメリカ連邦公務員制度における代表性;イギリス公務員制度における代表性;日本公務員制度における代表性)
第2部 公務員制度改革と上級公務員の政策役割(アメリカの連邦公務員制度改革と上級公務員の政策役割;イギリスの公務員制度改革と上級公務員の政策役割;日本の公務員制度改革と上級公務員の政策役割)

著者紹介

坂本勝[サカモトマサル]
1944年神戸市に生まれる。1969年関西学院大学法学研究科修士課程修了後、近畿大学教養部助手。同教授を経て、1992年より龍谷大学法学部教授。マックスウェル・スクール(1983年度)、ロンドン大学SOAS(2000年度)客員研究員。龍谷大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)