民事裁判の法史学―村と土地の裁判と法

個数:
  • ポイントキャンペーン

民事裁判の法史学―村と土地の裁判と法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 21時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 333p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589028853
  • NDC分類 327.2

目次

序章 何故、私は本書の執筆を思い立ったか―本書の意図と概要
第1章 講有地は誰のものか―大阪府貝塚市D(旧D村)X伊勢講の場合
第2章 講廃止→禁止令下において講員はどのようにして講と講有地を維持、存続していったか―大阪府羽曳野市軽里、東・西寄講の場合
第3章 池敷・堤塘は誰のものか―大阪府堺市福田清水池の場合
第4章 土地台帳・土地共有者台帳の登録事項はどのように解釈されるか―大阪府大阪狭山市池尻のへど池池敷・堤塘の所有権をめぐって
第5章 旧村役職者間において締結された「山林境界契約証」は法的に有効か―兵庫県武庫郡山田村のうち旧小部村・旧下谷上村の場合

著者紹介

山中永之佑[ヤマナカエイノスケ]
1928年大阪府堺市に生まれる。1953年大阪大学法経学部法学科卒業。大阪大学名誉教授、大阪経済法科大学アジア研究所客員教授、法学博士(大阪大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)