規制が支える自己決定―労働法的規制システムの再構築

個数:

規制が支える自己決定―労働法的規制システムの再構築

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 446,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784589027764
  • NDC分類 366.14

内容説明

自己決定は、規制によって支えられると同時に、必要な規制や連帯を確立するための前提条件でもある。使用者に対して弱い立場にある労働者の自己決定には、あらゆる危険がつきまとう。しかし、労働契約の当事者であり、労働基本権の主体である労働者個々人が、自己決定をなす主体として自己を確立していくこと以外に、現在の閉塞状況を打開する道があるとは思われない。

目次

1 新局面を迎えた労働と法(日本的企業社会とその変貌;後退する労働法的規制;規制緩和―その論理と背景)
2 法における人間像と自己決定(自己決定権をめぐる議論の展開;労働者像と自己決定)
3 労働法的規制の再構築(労働法的規制システムの意義;国家法的規制のあり方;労働法的規制システムにおける労使自治;労働法的規制システムにおける自己決定)

著者紹介

西谷敏[ニシタニサトシ]
大阪市立大学大学院法学研究科教授。1943年神戸市に生まれる。1966年京都大学法学部卒業。1971年京都大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。大阪市立大学法学部助教授。1983年同教授。1988年大阪市立大学より法学博士号授与。2004年ドイツ・フライブルク大学より名誉博士号授与