日本近代婚姻法史論

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本近代婚姻法史論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 21時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 311p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784589026279
  • NDC分類 324.62

内容説明

本書は、『明治離婚裁判史論』(法律文化社、一九九四年)刊行ののちに発表した拙稿のなかから、近代日本の婚姻法史にかかわる一三編を収録したものである。

目次

第1部 婚姻の成立と父子関係(明治一〇年司法省丁第四六号達と婚姻の成立要件;明治六年太政官第二一号布告と私生子認知請求 ほか)
第2部 妾の法的地位(明治民法施行以前の妾と裁判;明治民法施行以後の妾と裁判)
第3部 婚姻の解消(離婚)と裁判(明治初年の離婚関係文書三題;夫専権離婚説批判 ほか)
第4部 婚姻関係裁判と法曹の家族観(旧民法編纂過程にみる司法官の家族観;ある弁護士文書からみた離婚裁判)
第5部 総括にかえて(明治婚姻・離婚法史研究の現状と課題;近代日本における父)

著者紹介

村上一博[ムラカミカズヒロ]
1956年京都市に生まれる。1978年同志社大学法学部法律学科卒業。1986年神戸大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得。現在、明治大学法学部教授博士(法学)。専攻は日本近代法史