20世紀芸術学講義<br> 逸脱する絵画

個数:
  • ポイントキャンペーン

20世紀芸術学講義
逸脱する絵画

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 09時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 377p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589025784
  • NDC分類 723.06

内容説明

本書はドイツ系美術史学の若き俊秀が前代未聞のスタイルで構成してみせた「20世紀芸術学講義」の第1弾である。

目次

方法叙説、或いは方法蛇足
或いは、極私的文献案内
19世紀的美意識の崩壊、或いは端なくも露呈する紳士たちの下半身
所謂印象主義の、戦略的修辞学、或いは「存在」から「現象」へ
ゴッホの呪詛
近眼のセザンヌと『アヴィニョン街の娘たち』
フランツ・マルクとキュビスム、或いは「『雪の上に横たわる犬』から『虎』へ」ほか
『赤のアトリエ』、或いはルネサンス・バキュームの終焉
山の彼方の空遠く、抽象は始まる
抽象とは何か、或いは「『牛』と建築モティーフ」

著者紹介

宮下誠[ミヤシタマコト]
1961年東京生まれ。バーゼル大学大学院博士課程単位取得博士論文執筆資格取得退学、早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員、別府大学美学美術史学科助教授をへて、2000年より国学院大学文学部哲学科助教授。専攻は20世紀西洋美術史、美術史学史、画像解釈学、一般芸術学