水都学〈5〉特集 水都研究

個数:

水都学〈5〉特集 水都研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 317p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784588780257
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C1320

内容説明

水都研究の視野は、東京からアジア、ヨーロッパ、そしてアメリカへと拡大し、さらに現代から近代、近世、中世に遡って、都市が生まれた背景に迫ろうとしている。また、都市の背後に水系を軸に拡がるテリトーリオ(地域)へ目を向け、都市の成立する条件として広く水の役割を考察した。『水都学』シリーズ最終巻で、現在における水都研究の到達点と問題点を明らかにする。

目次

水都研究(水の聖地の意味論;水系とテリトーリオ 河川等の多様な利用―歴史的な「水系産業クラスター」;港町から港湾都市へ、そして新たな水都へ;フランスの地域形成にみる横糸と縦糸―流域圏とインフラ整備;水循環都市東京;「水の論理」を探る―都市と水との関わりを律するもの;「水の制御」で捉える東京下町低地の水都像;新聞記事上の江戸城外濠―都市の近代化に伴う社会的関心の変遷;水と緑のエコロジカルネットワーク;ニューヨークにおけるウォーターフロントの新たな展開;「歴史・エコ廻廊」の理論と実践)
特別論文(著作権侵害についてのお詫び;港をめぐる二都関係―江戸・東京と横浜)

著者等紹介

陣内秀信[ジンナイヒデノブ]
1947年生まれ。法政大学デザイン工学部教授。専門はイタリア都市史・建築史。パレルモ大学、トレント大学、ローマ大学にて契約教授を務めた。地中海学会および都市史学会会長

高村雅彦[タカムラマサヒコ]
1964年生まれ。法政大学デザイン工学部教授。専門はアジア都市史・建築史。2013年、上海同済大学にて客員教授を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。