トマス・ホッブズの母権論―国家の権力 家族の権力

個数:

トマス・ホッブズの母権論―国家の権力 家族の権力

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 18時49分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 304p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625336
  • NDC分類 133.2
  • Cコード C3010

目次

第1章 神の概念および神の秩序
第2章 キリスト教における男女の関係と性の問題
第3章 神の秩序と「リヴァイアサン」
第4章 ホッブズの母権論と「ファミリー」
第5章 「ファミリー」とローマ法における「ファミリア」
第6章 王権の起源と形態
第7章 コモン・ロー上の夫の権力とその起源
第8章 自由主義国家の構造と政治理論
第9章 夫婦の権力・国家の権力

著者等紹介

中村敏子[ナカムラトシコ]
1952年生まれ。1975年東京大学法学部卒業。1975‐1978年東京都職員。1988年北海道大学法学研究科博士後期課程単位取得退学。法学博士。北海学園大学法学部教授。専門は政治思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

男女平等の自然状態から出発し、コモンウェルスにおける対等な関係を示唆したホッブズの議論を、ローマ法と対比して考察する。女性をめぐる権力の問題を分析するには、国家と家族、神の秩序を含めた全体構造において結婚や家族、女性そのものがどのように位置づけられ相互の関係がどのように作られたか考察しなければならない。権力の根拠を人間の合意においたホッブズの議論を、ローマ法と対比して考察。

はじめに



第一章 神の概念および神の秩序

 第一節 聖書の物語

 第二節 アウグスティヌスによる神の秩序論



第二章 キリスト教における男女の関係と性の問題

 第一節 聖書のなかの男女

 第二節 アウグスティヌス──「現在」と「欲情」という罰



第三章 神の秩序と「リヴァイアサン」

 第一節 キリスト教の言説の解体

 第二節 人類の生命の永続性



第四章 ホッブズの母権論と「ファミリー」

 第一節 「自然状態」から「コモンウェルス」へ

 第二節 「母権」の起源

 第三節 「母権」の移譲

 第四節 「獲得によるコモンウェルス」

 第五節 父権的「コモンウェルス」における「ファミリー」の位置



第五章 「ファミリー」とローマ法における「ファミリア」

 第一節 「ファミリア」の成立と国家における位置

 第二節 「ファミリア」における法的関係

 第三節 古代ローマにおける結婚と「ファミリア」

 第四節 国家における「ファミリア」の意味

 第五節 ローマ法とホッブズの「ファミリー」



第六章 王権の起源と形態

 第一節 王権と父権との関係

 第二節 権力論の構造

 

第七章 コモン・ロー上の夫の権力とその起源

 第一節 「カヴァチャー」の法理

 第二節 フォーテスキューの議論

 第三節 アリストテレスとアキナスの議論



第八章 自由主義国家の構造と政治理論

 第一節 宗教改革と対抗宗教改革

 第二節 ロックにおける「自然状態」の問題

 第三節 権力論における家族と女性



第九章 夫婦の権力・国家の権力

 第一節 ブラックストンの位置

 第二節 ペイトマンの自由主義批判

 第三節 ホッブズの議論の意味





あとがき

参考文献

索引

中村 敏子[ナカムラ トシコ]
1952年生まれ。1975年東京大学法学部卒業。1975-1978年東京都職員。1988年北海道大学法学研究科博士後期課程単位取得退学。法学博士。北海学園大学法学部教授。専門は政治思想史。
主要業績として『福沢諭吉 文明と社会構想』(創文社,2000年);「解説」『福沢諭吉家族論集』(岩波書店、1999年);「家」『政治概念の歴史的展開第9巻』(晃洋書房、2016年);「イングランドの家族史再考」『北大法学論集』第40巻第3号(2000年);「歴史的文脈における福沢諭吉の家族論の意味」『北海学園大学法学研究』第43巻第2号(2012年);「家父長制から見た明治民法体制」『北海学園大学法学研究』第45巻第1号(2013年)など。