新しい政治主体像を求めて―市民社会・ナショナリズム・グローバリズム

個数:

新しい政治主体像を求めて―市民社会・ナショナリズム・グローバリズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 08時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 377,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625251
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C3031

内容説明

閉塞した現在の政治を担う主体を構想できるのか。世界秩序が揺れ動き、従来の国民概念・市民概念が変革を迫られる今、新たな理論的地平を切り開く。

目次

政治主体についての仮説的整理
第1部 国民を超えて(政治主体としての世界市民―M.ヌスバウムのcompassion論;集合的アイデンティティーに関する一試論―ナショナリズム、愛国心、コスモポリタニズム)
第2部 市民の位相(市民たちの空間―アテナイ・デモクラシーの歴史的・制度的考察;政治主体の形成における「自由」の考察―アリストテレス自由論を手掛かりに;民主的政治主体の形成―久野収と小林トミの思想と行動;マス・ソサエティにおける政治主体の「市民性」;政治主体としての宗教的市民―ハーバーマスのポスト世俗社会論)
第3部の前に 問題の深化のために(政治の「周辺化」や「脱領域化」にどう応えるか)
第3部 新しい主体の可能性に向けて(コミュニタリアニズムとコスモポリタニズムをつなぐ「住民」;環境保護の主体―食料主権を核とする環境的シティズンシップ;グローバル・リスク社会における新たなる政治主体)

著者等紹介

岡本仁宏[オカモトマサヒロ]
1955年生まれ。関西学院大学法学部教授(政治哲学・NPO/NGO論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。