吉田茂=マッカーサー往復書簡集―1945‐1951

個数:

吉田茂=マッカーサー往復書簡集―1945‐1951

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 354,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588625091
  • NDC分類 319.1
  • Cコード C3031

出版社内容情報

日本人には面白い部分が沢山ある。占領期間中、吉田から百通、マッカーサー(又は幕僚)から三十通の書簡の往復があったことは、これまで全く知られていなかった(いかにして見つかったかは、編者の「はじめに」に詳しい。).....。(立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本 そしてぼくの大量読書術・驚異の速読術』334頁、より)

内容説明

戦後占領期“書簡外交”の全容。「戦争で負けても外交で勝つ」をモットーに、吉田茂は外相時代からマッカーサーに精力的に書簡を書き、政治的経済的改革について日本側の意思を伝え続けた。片山哲・芦田均らの書簡も含む全190通の集成は、憲法問題はじめ占領期の政治過程とその舞台裏を解明する上での必須資料である。

目次

第1部 解説・占領下の書簡外交
第2部 書簡篇―日本語訳(前史(吉田外相時代)
第一次吉田内閣期
片山内閣期
芦田内閣期
第二次吉田内閣期
第三次吉田内閣期)
第3部 書簡篇―英語正文

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろただでござる

1
この時期の吉田、片山、芦田の三氏の中では吉田茂は当時の時局を担当するには適任であったように思う。書簡がGHQとのやりとりの全てとは思えないが、自分の望むように持って行こうとする粘りは政治家に必要とされる資質なんだろうと思える。民主党連立内閣は敗戦後の被占領下にあってさえ党利党略に走り予算を成立させないなんてアホすぎる…国民が念頭にない。「へええ、オヤジは英語がかけたんだね」と嬉しそうな顔を見せた…との一文は駐英大使で日本の宰相だった人でも息子には胡散臭いおっさんにすぎなかったのか…(*´ω`*) 2014/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1246853

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。