悪の謎に挑む

個数:

悪の謎に挑む

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 332,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588622052
  • NDC分類 304
  • Cコード C0031

内容説明

正義の戦争は存在するか。悪のグローバル化は何をもたらしたか…。TIME ESSAYIST(『タイム』誌元論説委員)が永遠の難問に挑む。アウシュヴィッツから「9・11」まで。

目次

悪のグローバル化
ユーモアと縁続き
世界をへめぐる暗流
なぜ悪は行われるのか
隠者の話
破局を通じての教育
悪の枢軸
サラエボ―目には目を、歯には歯を、の掟
ライフル銃兵のディレンマ
ウェンディーズ事件の殺人犯はジャン・ヴァルジャンか〔ほか〕

著者等紹介

モロー,ランス[モロー,ランス][Morrow,Lance]
1939年フィラデルフィアに生まれる。ワシントンを中心に活動していたジャーナリストの両親とともに同地に移って幼少期を過ごす。ハーヴァード大学で英文学を専攻し、1963年に優等で卒業。1965年『タイム』誌に入社し、以来150編余のカバーストーリーを執筆した。1976年に同社論説委員となり、政治、文化から国際情勢にわたる数百編の「タイム・エッセイ」に健筆を振るう。1981年には論説・批評部門で「全米雑誌賞」を受賞している。1996年ボストン大学に特待教授として招聘され、合衆国大統領論やエッセイ・ライティングなどを担当する傍ら、『タイム』誌には契約エッセイストとして寄稿し続けている

河野徹[コウノテツ]
1931年に生まれる。東京大学教養学科イギリス科卒業。同大学院英文学修士課程修了。法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。