サピエンティア<br> パレスチナの民族浄化―イスラエル建国の暴力

個数:

サピエンティア
パレスチナの民族浄化―イスラエル建国の暴力

  • 提携先に18冊在庫がございます。(2024年05月23日 05時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 446p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603501
  • NDC分類 316.828
  • Cコード C1322

内容説明

なぜ彼らは殺され、故国を追われねばならなかったのか。それは「戦争のなかの偶発的な悲劇」ではなく、組織的・計画的に遂行された“目的”であった。混迷する中東情勢の原点となる戦争犯罪を問う。

目次

「疑わしい」民族浄化なのか?
ユダヤ人だけの国家を目指して
分割と破壊―国連決議一八一とその衝撃
マスタープランの仕上げ
民族浄化の青写真―ダレット計画
まやかしの戦争と現実の戦争―一九四八年五月
浄化作戦の激化―一九四八年六月~九月
任務完了―一九四八年一〇月~一九四九年一月
占領、そしてその醜悪な諸相
ナクバの記憶を抹殺する
ナクバの否定と「和平プロセス」
要塞国家イスラエル

著者等紹介

パペ,イラン[パペ,イラン] [Papp´e,Ilan]
1954年、イスラエル・ハイファ市生まれ。ハイファ大学講師を経て、現在、イギリス・エクセター大学教授、同大学パレスチナ研究所所長。イスラエル建国期のパレスチナ現代史を中心としたパレスチナ/イスラエル史研究。1984年に“Britain and the Arab‐Israeli Conflict,1948‐1951”で博士号取得。近年は、ヨルダン川西岸地区・ガザ地区の被占領地、イスラエル国内のアラブ・パレスチナ人、アラブ世界出身のユダヤ教徒(アラブ系ユダヤ人)に関する著作も相次いで出版している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

だまし売りNo

40
イスラエルはパレスチナ人の家屋を破壊し、追い出し、イスラエル人の街にする。パレスチナ社会の抹殺、民族浄化が行われている。これは逆説的であるが、イスラエルが君主制ではなく、共和制だから起きている面がある。君主制ならば君主は被支配民族も自己の帝国に取り込もうとするだろう。2023/01/08

BLACK無糖好き

17
著者はイスラエル人の歴史研究者。1948年イスラエルの国家独立に伴い、パレスチナの民族浄化計画がどのような苛烈さでもって(組織的に)実施されたか、国連や欧米諸国はどのように関与したのかを詳らかにしている。2006年原著刊行後、著者はイスラエル国内で人身攻撃に晒され、イギリスの大学ヘ移らざるを得なかったそうだ。◇自国にとって都合の悪い歴史を「なかったこと」にしたい風潮はどこでも見受けられるが、過去に正面から対峙して、それを乗り越えて未来を構築していくためには、血の滲むような努力が必要なのだろう。2018/01/09

coolflat

16
3頁。ダレット計画。シオニストの方針は当初、1947年2月のパレスチナ人の攻撃に対する報復を根拠としていたが、翌年3月にはパレスチナ全土を民族的に浄化する構想へと変容した。ひとたび方針が決まると、任務は6ヶ月で完了した。すべてが終わった時、パレスチナに元から住んでいた人の半数以上、約80万人が追放され531の村が破壊され11の都市部が無人にされた。1948年3月10日に決定され、その後数ヶ月にわたって組織的に実行されたダレット計画は、今日の国際法では人道に対する罪とされる民族浄化作戦だったことは明らかだ。2024/04/04

belier

8
1948年イスラエル建国時、「土地なき民」ユダヤ人は「民なき土地」に帰還したとされていたが、実際にはパレスチナ人が住んでいて、虐殺や追放が行われたのだった。イスラエル人歴史家が自国の隠された歴史を当時の文献や関係者にもあたり詳細に調べ上げてまとめた記録。他の本などで「ナクバ」と呼ばれる迫害があったことは知っていたが、具体的な内容を読むと凄まじいもので衝撃を受けた。村を破壊した後に樹木を植えて、「不毛な砂漠地帯」を森林や公園に変えたのだとしてナクバを隠蔽したりもしたという。過ちは繰り返されるものなのか。2023/10/29

100名山

7
イスラエルはジェノサイドという言葉はユダヤ人に対してのみ使われるべきだと言っていた。なるほどと思った。 宗教はやはり隠れ蓑。 元凶は私の好きなビートルズを生んだイギリスであり、それを支援する同じく私が大好きなキャロルキング(東欧ユダヤ移民)のいるアメリカ。 パレスチナを歴史からも消し去ろうとするシオニスト。 虐殺を繰り返すイスラエルはつくづく酷い国だ。 ではアイヌ民族からアイヌモシリを奪ったの誰? 琉球王国を滅ぼし、戦場にし、軍事基地にしたのは誰だ。?2018/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12329295
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。