サピエンティア<br> 洋服を着る近代―帝国の思惑と民族の選択

個数:

サピエンティア
洋服を着る近代―帝国の思惑と民族の選択

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月17日 01時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 301,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603426
  • NDC分類 383.1
  • Cコード C1320

内容説明

裸体を野蛮とみなし、「文化」を押しつけた西洋。被植民者がそれを受容したかどうかは装いに反映される。自分とは何者かを表明する手段、衣服の歴史をたどる。

目次

序論
衣服の規制
旧世界の衣服改革
最初の植民地主義
衣服の製造、保管、流通
ヨーロッパの輸出
正しき心でお召し替え―キリスト教の布教と衣服
身体の再編、精神の改革
植民地ナショナリズムの衣服
衣服の解放
衣服の受容と拒否
結論

著者等紹介

ロス,ロバート[ロス,ロバート] [Ross,Robert J.]
1949年、ロンドン生まれ。1974年、ケンブリッジで博士号を取得。1976年以降、オランダのライデン大学に勤務。現在は同大学歴史研究所教授。専門は、植民地期の南アフリカ史

平田雅博[ヒラタマサヒロ]
青山学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リョウ・アズナブル大佐

0
前読んだ「胡椒〜暴虐の世界史〜」的な歴史本は長くて翻訳がめんどくさいけど良書が多いのが特徴。長い歴史があって「ヨーロッパ式の衣服を着る」っていう事が特定の政治的、産業的理由による所が大きかったって事はわかった。結論づけられてるけど、衣服の役割は「慎み、装飾、保護」とあって最初の2つがその中でも重要だと思う。その昔自らの家族の近代性を表す唯一の方法だったから。未来はまた服装じゃない形でグローバリゼーションするんだろうな。そーいや今自分が日本人であるっていうわかり易いアイデンティティはなんだろ。。2016/10/27

Masako3

0
★☆☆ どうして各国元首は画一的なスーツ、欧州由来の伝統服を着るようになったのか、を世界的な規模で記述する力作。和蘭陀の歴史学者による。要は、産業革命による大量生産が可能となった欧米列強が、場合によっては強要し、様々なケースを経て受容してきた歴史なのだ。日本はそれらに憧れ、トップダウンで自ら変更した特徴を持つ。2016/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10367394

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。