サピエンティア<br> 国家とグローバル金融

個数:
  • ポイントキャンペーン

サピエンティア
国家とグローバル金融

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月16日 05時39分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 312,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603419
  • NDC分類 338.9
  • Cコード C1330

内容説明

世界恐慌からブレトン・ウッズ体制期を経て新自由主義時代へ。金融市場のグローバル化を経済成長と技術革新の必然的帰結とみなす議論に異を唱え、国際経済における国家の「行動」と「選択」の重要性を指摘する。

目次

問題意識―グローバル金融の復活と国家
第1部 ブレトン・ウッズの制限的金融秩序(ブレトン・ウッズ体制と資本規制の承認;根強い警戒―交換性回復への緩慢で限定的な動き)
第2部 グローバル金融の復活(ユーロ市場への支持―一九六〇年代の状況;金融協力の失敗―一九七〇年代前半の状況;四つのターニング・ポイント―一九七〇年代後半から八〇年代前半の状況;金融自由化への転換―一九八〇年代の状況;国際金融危機への対処)
第3部 結論(貿易の管理と金融の自由化―国家行動の解明)