サピエンティア<br> 国家のパラドクス―ナショナルなものの再考

個数:

サピエンティア
国家のパラドクス―ナショナルなものの再考

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月30日 20時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 268p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603327
  • NDC分類 311
  • Cコード C3331

内容説明

近年、国家や国民の輪郭がぼやける一方で、民族の記憶を覚醒させようとナショナリズム言説が復活している。この逆説はなぜ生じたのか、国際政治からの新しい思考。

目次

国家の危機をどうとらえるか
第1部 国家の普遍性と特殊性(領土性の定着とその矛盾;近代合理性の象徴としての主権;主権への挑戦;安全保障概念の変革に向けて)
第2部 先進国ナショナリズムの隘路(ナショナル・プライドの誕生―イングランドと大陸からの自立;リベラル・ナショナリズムの陥穽―グレートブリテン島の集合意識;アメリカン・ナショナリズムの背理―帝国論争を通じて;ナショナリズムと安全保障の相克―現代日本のジレンマ)

著者等紹介

押村高[オシムラタカシ]
1956年東京都生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。博士(政治学)。青山学院大学国際政治経済学部教授(政治学、国際関係論)・同学部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件