サピエンティア<br> 帝国と経済発展―途上国世界の興亡

個数:

サピエンティア
帝国と経済発展―途上国世界の興亡

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588603105
  • NDC分類 333.8
  • Cコード C3330

内容説明

戦後アメリカ帝国のもとでの繁栄の時代は終わりを告げ、世界は貧困と衰退の時代に突入した。その歴史的過程を、米国および途上国の開発戦略を軸に検証する。

目次

第1章 天国は待てない
第2章 太陽は沈まず、賃金が上がらない場所
第3章 地上と天国の交換
第4章 援助という麻薬
第5章 神の贈り物
第6章 月光
第7章 ディエン・ビエン・フー―知は永遠なり
第8章 麦わらかごの地獄に向かって
第9章 アメリカによる宣告
第10章 遅れたものは放っておけ
第11章 巨大な火の玉

著者等紹介

アムスデン,アリス・H.[アムスデン,アリスH.][Amsden,Alice H.]
コーネル大学卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で修士号と博士号を取得。その後、OECDの研究員を経て、カリフォルニア大学、コロンビア大学、ハーヴァード・ビジネス・スクールなどで教壇に立ち、同時に、世界銀行やOECDなどの国連諸機関でコンサルタントも務める。2002年、「レオンチェフ賞」を受賞。現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)の都市研究・計画学部、バートン・L.ウェラー記念教授(政治経済学)

原田太津男[ハラダタツオ]
1964年生まれ。1987年、同志社大学法学部政治学科卒業。1995年、大阪市立大学経済学研究科後期博士課程単位取得退学。現在、中部大学国際関係学部教授。専攻は世界経済論

尹春志[ユンチュンジ]
1967年生まれ。1991年、京都大学経済学部卒業。1997年、京都大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。山口大学経済学部教授を経て、西南学院大学経済学部教授。専攻は世界経済論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。