比較経済研究所研究シリーズ<br> 政治経済学の政治哲学的復権―理論の理論的“臨界‐外部”にむけて

個数:

比較経済研究所研究シリーズ
政治経済学の政治哲学的復権―理論の理論的“臨界‐外部”にむけて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 476p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588602412
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C3330

目次

ボルヘスの神話的イメージ―覚書
1 理論の“臨界‐外部”(資本と外部の回収;貨幣の“際”、資本の“窮”;間という外部 ほか)
2 “臨界‐外部”の表象(欲望機械;主体性の生産―横断個体性から“共”へ;人間の境界を超えて進む? ほか)
3 存在的“臨界‐外部”(資本のプロレタリア的零度―外部の政治的物理学;フーコー的政治経済学「批判」―統治のユートピアとその障碍;“空費”の存在論―「四日目のラザロ」に向かうために ほか)

著者等紹介

長原豊[ナガハラユタカ]
法政大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。