比較経済研究所研究シリーズ<br> 新自由主義は文学を変えたか―サッチャー以後のイギリス

個数:

比較経済研究所研究シリーズ
新自由主義は文学を変えたか―サッチャー以後のイギリス

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 346p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588602238
  • NDC分類 930.27
  • Cコード C3090

内容説明

サッチャーとブレアの時代の二十数年間に、イギリスは国内的にも国際的にも大きな変化を経験した。自由競争のもとで経済の活性化と成長が実現し、階級の壁は低まり、大学の数が倍増し、情報化も浸透し、消費社会となり旅行者が激増した。また、エスニック・マイノリティの数も増えて多民族・多文化社会が進行し、北アイルランド問題等でも新たな展開が見てとれる。そうした変化をイギリスの文学者たちは敏感に感知し、知的で洗練され、論争的でスケールの大きな、優れた文学性をもつ作品がつぎつぎと生み出されてきた。本書は、経済学と統計学に関する論考も含め、この間に著わされた小説や詩の作品群を社会・政治・文化・思想との関わりで論じる。

目次

1979年以降のイギリス社会と文化
第1部 サッチャーの研究(サッチャリズム―経済的自由の回復;ニュー・レフト・アローン―スチュアート・ホールとサッチャリズム;サッチャーのレトリックを計る―コーパスにもとづく通時的分析)
第2部 自由な社会と小説(1980年代時代精神の虚像―マーティン・エイミス『マネー』;愛こそはすべて―厄介な道徳家、イアン・マキューアン;サッチャーの時代とキャンパス・ノベル―デイヴィッド・ロッジとマルカム・ブラッドベリ;ポストコロニアル・ビルドゥングスロマン―ハニフ・クレイシ『郊外のブッダ』;愚かさの自覚と自由な生―カズオ・イシグロ『日の名残り』)
第3部 政治と詩人たち(あるエデン幻想の消滅―桂冠詩人が見たサッチャー時代;炭鉱の消えた丘―グレート・ストライキおよび以後のウェールズの詩/詞;サッチャリズムと北アイルランド詩)

著者等紹介

曽村充利[ソムラミツトシ]
法政大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

spikyhair

0
★★★

akuragitatata

0
とても面白かったです。ポストモダンと労働者たちのウェールズ、それに、文学にまだまだ、可能性も期待もあるんだって、知った!2009/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/130458

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。