比較経済研究所研究シリーズ<br> 現代資本主義とセイフティ・ネット―市場と非市場の関係性

個数:

比較経済研究所研究シリーズ
現代資本主義とセイフティ・ネット―市場と非市場の関係性

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588602115
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C3333

内容説明

不良債権問題や金融システムの動揺に直面する市場経済の国際的動向は、制度やルールの問題性を鋭く浮かび上がらせた。金融市場、国際労働力移動、途上国構造調整の三つの角度から、セイフティ・ネットを本格的に検証。

目次

序章 セイフティ・ネットの政治経済学
第1章 市場経済と中央銀行制度―バジョット問題再考
第2章 金融革新とセイフティ・ネットの再構築
第3章 内生的貨幣供給の現代的展開―内生的貨幣供給説とOTCデリバティブズ
第4章 国際通貨制度とセイフティ・ネット
第5章 国際労働力移動のメカニズム
第6章 国民国家の動揺と移民社会のアイデンティティ
第7章 アジアにおける国際労働力移動と労働者送金
第8章 途上国構造調整と「市場主義」の限界―新古典派アプローチの批判

出版社内容情報

不良債権問題や国際的金融システムの動揺が浮彫りにしたセイフティ・ネットの問題性を金融市場、国際労働力移動、途上国構造調整の観点から検証。