渡りの文学―カリブ海のフランス語作家、マリーズ・コンデを読む

個数:

渡りの文学―カリブ海のフランス語作家、マリーズ・コンデを読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 19時07分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 464p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588490323
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C1090

内容説明

アフリカ‐アメリカ‐カリブ海を経巡り、創作し続けるクレオール作家、マリーズ・コンデ。そのかぎりない想像力の軌跡から、“新しい世界のかたち”を読み解く。

目次

序章 マリーズ・コンデとは誰か?
第1部 カリブ海、言葉の胎動(被植民者による諸理論の発展とその後景;書かれること/書くこと―表象としてのカリブ女性から女性作家へ;カリブ海の女性作家誕生)
第2部 マリーズ・コンデを読む(マリーズ・コンデと「アフリカ」―『ヘレマコノン』をめぐって;非‐マロン文学としてのカリブ海文学―『わたしは魔女ティチューバ』;アフリカ‐アメリカ‐カリブ海―『最後の預言王たち』;蜘蛛の巣化する一族―『悪辣な生』;アンチ・ヒーローと名前―コンデ作品のカリブ世界創造:『マングローヴ渡り』『移り住む心』(前)
微弱なポリフォニー―コンデ作品のカリブ世界創造:『マングローヴ渡り』『移り住む心』(後))

著者等紹介

大辻都[オオツジミヤコ]
1962年東京生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。現在、京都造形芸術大学准教授。専門はフランス語圏文学、現代文学全般(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件