グローカル的思考

個数:

グローカル的思考

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 348p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588460135
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

内容説明

社会から文学まで、現代の諸問題は国家や民族を超えた思考や、人びとの連帯によってしか解決できない。グローバル・ローカリズムの旗を掲げて、草の根市民運動とともに歩んできた著者の四半世紀におよぶ行動と発言の軌跡。本書は、二十数年前に中国人による芥川賞受賞を予測し、福島原発の危険性を見抜いた予言の書でもある。

目次

1 地球の一点から―社会と政治(東南アジアからの花嫁と学問;天皇重態の異常報道ぶり ほか)
2 歴史認識(歴史認識としての言葉;近代日本と台湾―第一回日台シンポジウムを企てて ほか)
3 非核自治体と脱原発(ヨーロッパの非核自治体運動;非核ヨーロッパへ―東独・非核兵器地帯国際連絡会議に出席して ほか)
4 文学と思想(今こそ大ロマンを!;可能性としての古都―大説『京都』を! ほか)
5 追悼と回想(井伏鱒二―遺された宿題;王承礼―渤海を今に重ねて ほか)

著者等紹介

西田勝[ニシダマサル]
1928年、静岡県に生まれる。1953年、東京大学文学部卒業、法政大学文学部教授を経て、現在「西田勝・平和研究室」主宰、植民地文化学会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。