日本農民詩史 下巻   1

日本農民詩史 下巻   1

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。

出版社内容情報

農本主義的な詩の文学としての貧困と,農地改革や占領下の抵抗の中で創出された詩の正と負とを追求し,現実変革に果した詩の役割を,主として東北の肉声に求める。