企業と美術―近代日本の美術振興と芸術支援

個数:

企業と美術―近代日本の美術振興と芸術支援

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 01時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 233p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588420214
  • NDC分類 702.16
  • Cコード C1070

出版社内容情報

日本近代の発展過程で、整備が遅れた公立美術館の代替機能を果たしてきたのは民間企業であった。本書は企業と美術の関係性を、とりわけ先駆的であった三越を中心に明らかにする。三井・三越の高橋義雄・日比翁助・三井高棟、三菱岩崎家の人々、大倉喜八郎、根津嘉一郎、石橋正二郎、さらには西武の辻井喬(堤清二)に至る経営者の系譜を辿り、彼らの経歴や美術観を通して、企業経営に美術が導入されてゆく背景を論じる。

内容説明

近代日本において、整備が遅れた公立美術館の代替機能を果たしてきたのは民間企業であった。三井・三越の高橋義雄・日比翁助を軸に経営者の系譜をたどり、その経歴や美術観を通して、企業経営に美術が導入されてゆく背景を論じる。

目次

序章 百貨店と美術
第1章 近世の見世物から近代の展示へ
第2章 米国百貨店のアート・ギャラリー
第3章 日本美術の発見と美術振興
第4章 三越呉服店の経営と美術
第5章 財閥当主のパトロネージ
第6章 江戸の名所から東京の新名所へ
終章 実業家の美術蒐集と公開

著者等紹介

田中裕二[タナカユウジ]
1975年札幌市に生まれる。慶應義塾大学大学院文学研究科美学美術史学専攻アート・マネジメント分野修了。江戸東京たてもの園学芸員、東京都江戸東京博物館学芸員・資料係長などを経て、現在、法政大学兼任講師、静岡文化芸術大学文化政策学部芸術文化学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
百貨店と美術 近世の見世物から近代の展示へ:寺社境内から公園制度への転換 街路をめぐる規制 香具師(やし)の取締り 収税強化 見世物興行からの脱却 博覧会から勧工場、そして百貨店へ 米国百貨店のアート・ギャラリー:三井呉服店の改革モデル 日本美術の発見と美術振興:都市における美術館の位置と機能 日本美術工芸振興策 三越呉服店の経営と美術:士魂商才と美術 財閥当主のパトロネージ 江戸の名所から東京の新名所へ 実業家の美術蒐集と公開: 三菱岩崎家 大倉喜八郎 根津嘉一郎 石橋正二郎 辻井喬・堤清二2021/04/07

かんしゃします。

0
日本近代の展覧会場の変遷が上手くまとめられている。1970年代から1990年代にかけて各地方都市に公立美術館が次々と建てられ、最初のうちはデパート美術館の予算と開館特別予算により大型の国際展も開かれていた。その後、高度成長期も終焉を迎え、デパート側の予算が削減、地方美術館の予算も年々縮小され、地方美術館は夏場のポップカルチャーをローカルマスコミと実行委員会を組み、挙げた収益で自らが本来開催を考えていた企画を実施するよう変化している。コロナ後の変化はどうなるだろうか?続編が待たれる。2021/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17613357

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。