隠れた音楽家たち―イングランドの町の音楽作り

個数:

隠れた音楽家たち―イングランドの町の音楽作り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 547,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588410253
  • NDC分類 762.333
  • Cコード C0073

内容説明

クラシックからロックまで、音楽をめぐる都市生活の実相を描き出す。テキストや理論よりも実践を重視し、偉大な作曲家や演奏家ではなく名もなきアマチュアを主人公に、彼らの草の根の音楽活動=創造の小道に光を当てたフィールドワークの記録。

目次

1 序論
2 ミルトン・ケインズにおける音楽世界
3 対照と比較
4 地元音楽の組織と仕事
5 地元音楽の意義
補遺 方法と提示にかんするノート

著者等紹介

フィネガン,ルース[フィネガン,ルース][Finnegan,Ruth]
口承文芸、物語論、パフォーマンス研究の泰斗。1933年北アイルランド生。オクスフォード大学で古典学、社会人類学を専攻。60年代に西アフリカのシェラレオネで、70年代に南太平洋のフィジー諸島で口承文化のフィールドワークを行い、現地の大学で教育活動にも従事。1969年以来、イングランドの新都市ミルトン・ケインズに居住、都市人類学的視点から地域研究も開始した。1988‐99年、当地のオープン・ユニバーシティ、比較社会制度学講座の担当教授

湯川新[ユカワアラタ]
1942年、東京に生まれる。1968年、法政大学大学院修士課程修了。現在、法政大学社会学部教授。専攻、音楽社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

1
15 とりあえ  イングランドのミルトン・ケインズという町で、1980〜84年の時期に音楽作りを行っていたアマチュア音楽家を主人公に、彼らの草の根の音楽活動=創造の小道に光を当てたフィールドワークの記録。2011/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4323898

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。