コレラ、朝鮮を襲う―身体と医学の朝鮮史

個数:
  • ポイントキャンペーン

コレラ、朝鮮を襲う―身体と医学の朝鮮史

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 432,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588371240
  • NDC分類 490.221
  • Cコード C1022

内容説明

ただ疫病のみが人びとに苦痛をもたらしたのではない。医療をめぐる封建的因習が、そして植民地権力が朝鮮半島の人びとを苦しめてきたのだ。中世から近代へ、漢医学から西洋医学へ、運命論から科学主義へ、朝鮮医学史を多数の貴重な図版とともに俯瞰する。

目次

1 苦痛を強いられる身体の歴史(コレラ、朝鮮を襲う;なぜ、あれほど疫病が流行したのか―朝鮮時代の疫病と防疫;朝鮮人、細菌を眼で見る―細菌説と植民地近代性;断髪とサントォの戦争、衛生の名で;男子を産むための長い欲望の歴史―転女為男法の考古学;『卞カンセィ歌』に見る性・病・躯文化の謎;沈清伝に見る盲人と障害の社会史)
2 歴史の中の医療生活(内医院・典医監・恵民署はどのような所だったのか;医女のはなし;救急名薬・牛黄清心丸;駭怪であり、罔測である―朝鮮末期病院の姿;韓国のヒポクラテス宣誓)
3 朝鮮医学か、西洋医学か(朝鮮医学は中国医学の亜流なのか―朝鮮医学の歴史的正体性;朝鮮後期の身体・臓腑に関する談論の性格;朝鮮後期の西洋医学、漢医学に挑戦す;牛痘法は未明の暗さを照らす灯火なのか―牛痘法の政治学;一九三〇年代の朝鮮医学、西洋医学と一戦交える―漢医学の近代性・科学性論争;医療がどのように民衆に近づいたのか―朝鮮医療史から見た民衆医療)

著者等紹介

申東源[シンドンウォン]
1960年生まれ。ソウル大学校農学大学卒業、同大科学史・科学哲学博士課程修了、理学博士。ケンブリッジ大学ニーダム東アジア科学史研究所客員研究員、韓国科学技術院准教授を経て、現在、韓国科学文明学研究所長、全北大学校科学学科教授。2015年から韓国科学史学会会長

任正〓[イムジョンヒョク]
1955年生まれ。朝鮮大学校理学部物理学科卒業、東京都立大学大学院物理学研究科博士課程修了、理学博士。現在、朝鮮大学校理工学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。