博物館の歴史

個数:

博物館の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 538p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588371165
  • NDC分類 069.02
  • Cコード C1022

内容説明

過去の栄光を安置する殿堂から多様な価値観を尊重し、観客に問いを投げかける場へと変化してきた博物館。ルーヴル、スミソニアン、ドイツ博物館など、主要博物館の沿革と方法論の形成過程を論じ、現代における公共博物館のあり方を問う。2010年度全日本博物館学会賞受賞。

目次

第1章 博物館とは何か
第2章 博物館の前史
第3章 近代的公共博物館への過渡
第4章 近代的公共博物館の出現
第5章 教育のための博物館の実現
第6章 科学技術博物館の完成
第7章 スミソニアンの技術博物館
第8章 サイエンスセンター
第9章 現代における博物館の変貌

著者等紹介

高橋雄造[タカハシユウゾウ]
東京に生まれる。東京大学工学部電子工学科卒業。同大学大学院博士課程修了。工学博士。中央大学勤務を経て、2008年3月まで東京農工大学教授。日本科学技術史学会会長。1975‐77年、西ドイツ(当時)アレクサンダー・フォン・フンボルト財団給費研究員としてミュンヘン工科大学に留学。1991‐92年、米国ワシントンDCのスミソニアン国立アメリカ歴史博物館に留学。1996年に博物館学芸員資格を取得。専門は高電圧工学、技術史、博物館学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フミ

1
大雑把に読了。 博物館史において、科学史が重要という指摘はなるほどと感じた。理由は①今日の博物館において最も基礎的な活動である収集・展示における(分類)は、自然史系博物館においてなされたため②国民教育を担う博物館は、理工系博物館が中心となったため、が主な根拠である。世界の代表的博物館の個別の歴史も豊富である。 不満に思ったところは、キャビネットに対してヴンダーカマーの記述が少ないところと、欧米の博物館が中心で、日本の博物館はほぼ触れられていないところ。これらに関しては別の書をあたる必要がある。2014/11/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/72174

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。