魔女・産婆・看護婦―女性医療家の歴史 (増補改訂版)

個数:

魔女・産婆・看護婦―女性医療家の歴史 (増補改訂版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 219,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588352317
  • NDC分類 490.2
  • Cコード C0036

内容説明

豊かな知恵と経験で身近な人々を治療していた女たちを資格がないという理由で迫害し、排除し、閉じ込めてきた歴史。できる女は怖い?

目次

1 魔女・産婆・看護婦―女性医療家の歴史(中世の魔術と医学;アメリカの医療専門家の興隆と女性)
2 女のやまい―性の政治学と病気(一九世紀末から二〇世紀初頭の女性と医学―歴史的背景;上流階級の「病気」の女性;「病原菌」である労働者階級の女性)

著者等紹介

エーレンライク,バーバラ[エーレンライク,バーバラ] [Ehrenreich,Barbara]
1941年モンタナ州生まれ。多数の著書を持つベストセラー作家

イングリッシュ,ディアドリー[イングリッシュ,ディアドリー] [English,Deirdre]
1948年生まれ。『マザー・ジョーンズ』誌の編集者を経て、現在カリフォルニア大学バークリー校大学院ジャーナリズム科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

16
「女性はいつでも治療を施す人であった」という前提に始まり、主に魔女狩りと19世紀の医療の歴史を紐解くことにより、いかに女性が医療制度の現場から追われ、利用されてきたのかを訴えるもの。取りあげられている内容は興味深く、女性という身体を持つ人間として、医療に関係してきた自身の印象などと重ね合わせて読むとさらにいろいろと沁み入ってくるものがあった。本文自体は70年代に書かれたものだが、この増補改訂版では2010年代の現状を踏まえての解説も添えられているのが良かったと思います。2016/01/06

mogihideyuki

2
魔女狩りとは産婆を始めとする民間医療者の弾圧であったという。「正統」医療が権威となって、高い技術と実績を持つ民間医療者を排除し、医療を「専門職」に囲い込んでいく中で女性が医療職から追われてゆく過程が描かれている。女性の問題として論じられているが、専門性=権力が独占することで人々が自ら行う力が奪われてゆくこと、権力の要請に従った恣意的な基準によって人を正常であるか病んでいるかを判定する医療のあり方など、近代に普遍的な状況を抉り出しているように思う。フェミニズムにこういう豊かな成果があることを知らなかった。2017/03/14

ちり

0
“女性が自分自身の体を受け入れることが不可能である。結局は体の問題でも、生物学の問題でもなく、あらゆる点で女性に影響を及ぼす権力の問題なのだから”2016/07/28

千代丸

0
ガチガチのフェミニズム本でした。 もっと歴史とか市井の人々との関わりを読みたかったので、ちょっと期待と違う内容でした。2018/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9838719

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。