皮膚―文学史・身体イメージ・境界のディスクール

個数:
  • ポイントキャンペーン

皮膚―文学史・身体イメージ・境界のディスクール

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月21日 03時38分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 422p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588352294
  • NDC分類 902.05
  • Cコード C1022

内容説明

自己の“境界”皮膚をめぐる観念史。さまざまな学問分野と方法論を縦横無尽に動員し、言語資料だけでなく模型・図版資料などを駆使して、17世紀から現代にいたる皮膚観のパノラマを展開する。

目次

表面の深部―序論
境界のメタファー―言葉のなかの皮膚
侵入―医学と文化の実践における身体の境界と知の産物
脱皮―皮剥ぎ、拷問、メタモルフォーゼ
魂の鏡―カンヴァスとしての表皮
謎となすこと―皮膚の他者性
鎧の皮膚と母斑―ある性差のイメージ体系
異種の皮膚―皮膚の色の科学史および文学史
ブラックネス―アフリカ系アメリカ人の言説における皮膚の色の問題性
手と皮膚―皮膚感覚の人間学と図像学〔ほか〕

著者等紹介

ベンティーン,クラウディア[ベンティーン,クラウディア] [Benthien,Claudia]
1965年生まれ。ドイツおよびアメリカで心理学、ドイツ文学、アメリカ研究、美術史、文化研究等を学び、1998年にベルリンのフンボルト大学で博士号を取得。その博士論文で「ヨアヒム・ティブリウス賞最優秀賞」を受賞。その後、2004年に大学教授資格を取得し、2005年よりハンブルク大学のドイツ文学(重点領域ジェンダー論、文化理論)の教授に就任、またアメリカで客員教授をつとめ、イギリス、フランスに研究滞在するなど、活動の場は国際的である

田邊玲子[タナベレイコ]
1955年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(ドイツ語ドイツ文学専攻)中途退学、ミュンヒェン大学、フランクフルト大学に留学。名古屋大学総合言語センター助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門は、ドイツ文学、ジェンダー論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件