皮膚―文学史・身体イメージ・境界のディスクール

個数:

皮膚―文学史・身体イメージ・境界のディスクール

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月20日 15時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 422p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588352294
  • NDC分類 902.05
  • Cコード C1022

内容説明

自己の“境界”皮膚をめぐる観念史。さまざまな学問分野と方法論を縦横無尽に動員し、言語資料だけでなく模型・図版資料などを駆使して、17世紀から現代にいたる皮膚観のパノラマを展開する。

目次

表面の深部―序論
境界のメタファー―言葉のなかの皮膚
侵入―医学と文化の実践における身体の境界と知の産物
脱皮―皮剥ぎ、拷問、メタモルフォーゼ
魂の鏡―カンヴァスとしての表皮
謎となすこと―皮膚の他者性
鎧の皮膚と母斑―ある性差のイメージ体系
異種の皮膚―皮膚の色の科学史および文学史
ブラックネス―アフリカ系アメリカ人の言説における皮膚の色の問題性
手と皮膚―皮膚感覚の人間学と図像学〔ほか〕

著者等紹介

ベンティーン,クラウディア[ベンティーン,クラウディア] [Benthien,Claudia]
1965年生まれ。ドイツおよびアメリカで心理学、ドイツ文学、アメリカ研究、美術史、文化研究等を学び、1998年にベルリンのフンボルト大学で博士号を取得。その博士論文で「ヨアヒム・ティブリウス賞最優秀賞」を受賞。その後、2004年に大学教授資格を取得し、2005年よりハンブルク大学のドイツ文学(重点領域ジェンダー論、文化理論)の教授に就任、またアメリカで客員教授をつとめ、イギリス、フランスに研究滞在するなど、活動の場は国際的である

田邊玲子[タナベレイコ]
1955年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(ドイツ語ドイツ文学専攻)中途退学、ミュンヒェン大学、フランクフルト大学に留学。名古屋大学総合言語センター助教授を経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専門は、ドイツ文学、ジェンダー論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

45
皮膚……虚実皮膜の…… : http://atky.cocolog-nifty.com/bushou/2014/07/post-7805.html 2014/09/09

ラウリスタ~

9
特に前半部が面白い。後半の皮膚の色のところは、アフリカ、アメリカ文学が主体。現代においては、皮膚の表面は絶対的に死守すべきものとなっている、ところが、昔の医学では、悪い体液を排出するために、瀉血をしたり、皮膚に傷をつけたり、無理矢理潰瘍をこしらえたりしていた。皮膚の境界を越えることについて、時代によりどう概念が変わって行ったのか。ときどきグロい絵が出てくるので注意。2014/09/25

rinakko

7
とても面白く読んだ。“皮膚”って何だろう…と、ふっと思うことが昔からあって。さまざまな次元から皮膚観が論じられ、その各々の項目も互いに関与し合っていく。時代を遡った考察も非常に興味深く、「4 脱皮」から「7 鎧の皮膚と母斑」の流れはすこぶるよかった。そしてやはり、文学作品を取り上げた箇所に入ると身を乗り出すほどに面白い。ヤーンの「岸なき河」やムージル「寄宿生テルレスの混乱」「特性のない男」、ホーソーン「あざ」、ニーベルンゲンの歌…などなど。とりわけ目鱗がごろごろだったのは、オンダーチェ「イギリス人の患者」2014/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8005574

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。