米国の沖縄統治と「外国人」管理―強制送還の系譜

個数:

米国の沖縄統治と「外国人」管理―強制送還の系譜

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588327094
  • NDC分類 219.9
  • Cコード C3021

出版社内容情報

1945~72年まで沖縄は米国の統治下にあった。時に武力を伴うその強引な支配は、「銃剣とブルドーザー」という言葉でも有名である。しかし、米国が人々を戸籍で琉球住民と非琉球人に区分したことは知られていない。非琉球人は現在の外国人と同様に扱われ、入管制度に違反すれば日本本土に強制送還された。非琉球人管理制度がつくられた歴史的背景を考究する。

内容説明

なぜ「非琉球人」というカテゴリーがつくられたのか。米国は沖縄で入管制度を施行し、住民を分断した。過酷な支配に翻弄された地域の現代史に新たな光を当てる。

目次

序章
第1章 無籍者問題における強制送還と登録構想―奄美出身者を中心に(沖縄島の奄美出身者;つくられる無籍者 ほか)
第2章 日本人労働者の移入問題―米国の広域支配と経済圏(「外国人労働者」としての日本人労働者;軋轢と共闘 ほか)
第3章 非琉球人管理制度の誕生―第一次入管令の統治構造上の意義(集成刑法の強制送還;入管令以前の「外国人」管理:超過滞在への介入 ほか)
第4章 在沖奄美出身者の完全送還計画―アリバイとしての非琉球人管理制度(日米両政府の基本姿勢;返還交渉と地位問題 ほか)
第5章 非琉球人管理制度の再編―第二次入管令の制定とその効果(奄美返還後の在沖奄美出身者:第二次入管令の制定まで;第二次入管令の制定と「本土籍者」の創出 ほか)
終章

著者等紹介

土井智義[ドイトモヨシ]
琉球大学島嶼地域科学研究所PD研究員、大阪大学招へい研究員、沖縄大学等非常勤講師。琉球大学法文学部卒業。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(文学)。沖縄県公文書館非常勤職員、日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、現職。専門は、歴史社会学(沖縄近現代史)、移民研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。