日本史学のフロンティア〈2〉列島の社会を問い直す

個数:

日本史学のフロンティア〈2〉列島の社会を問い直す

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月05日 19時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588321320
  • NDC分類 210.01
  • Cコード C1021

内容説明

日本史学の「通説」に鋭い疑問符を突きつける!新たなパラダイムを生み出す格闘の現場。

目次

第1部 社会秩序の構築(古代中世における自然大災害と社会の転換―復旧・復興過程に着目した視点の提示;中世仏教史の“分水嶺”―ポスト「顕密体制」を探る;“障害者”への眼差し―近世日本の人間観という観点から;商人と権力が交差する都市―近世後期の大坂を事例として;土地丈量からみる近世・近代の土地把握)
第2部 生業と資源利用(江戸時代における百姓生業の多様性・柔軟性と村社会;近世後期における災害と資源利用―飢饉と温泉;漁業史研究と水産資源変動―資源保全史の再考から環境史研究へ)

著者等紹介

荒武賢一朗[アラタケケンイチロウ]
1972年生。関西大学大学院文学研究科博士後期課程修了。東北大学東北アジア研究センター准教授。日本近世史

太田光俊[オオタミツトシ]
1978年生。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。三重県総合博物館学芸員。織豊期の研究、三重県周辺の地域を素材とした歴史研究

木下光生[キノシタミツオ]
1973年生。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。奈良大学文学部准教授。日本近世の貧困史研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。