法政大学地域研究センター叢書<br> 手仕事の現在―多摩の織物をめぐって

個数:

法政大学地域研究センター叢書
手仕事の現在―多摩の織物をめぐって

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588321252
  • NDC分類 586.721
  • Cコード C0321

出版社内容情報

いま、手仕事はどうなっているのか──多摩地域の織物をめぐる、養蚕農家・市民グループ・織物作家・研究者によるシンポジウムの記録。

内容説明

産業としての衰微の後に残された“生き方”としての手仕事をめぐる熱意・関心・行動力に光を当てる。

目次

第1部 手仕事をめぐる談話―シンポジウムとインタビューより(真綿をつくる;「多摩シルクライフ21研究会」とは?;多摩の織物史―八王子織物を中心に;中国・ブラジルの生糸が八王子へ;八王子で養蚕を極める;農村の生活技術を継承する―手仕事の思想;布を織る技術者―絹の社会的意味を求めて;生活とものづくり―織物と農業と自然;色は生きている―「草木染」の本来;手仕事の現在を語る)
第2部 布を考える―論文と資料(テキスタイル研究の視座―自然、文化、人間の関係から;日本蚕糸外史;多摩の織物をめぐって;明治・大正八王子織物の生産様式―『八王子織物図譜』に描かれた歴史;蚕糸・絹の道を歩む;繊維博物館の役割―これまでとこれから)

著者等紹介

田中優子[タナカユウコ]
法政大学社会学部教授。専門は近世(江戸)文学、近世(江戸)文化、アジア比較文化。『江戸の想像力』(芸術選奨文部大臣新人賞)、『江戸百夢』(芸術選奨文部科学大臣賞・サントリー学芸賞)。2005年、紫綬褒章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。