函館の大火―昭和九年の都市災害

個数:

函館の大火―昭和九年の都市災害

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 293p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588316234
  • NDC分類 211.8
  • Cコード C1021

出版社内容情報

1934年の大災害をめぐる初の学術的記録。膨大な資料、体験手記、聞き書きを総合し、一つの都市災害の全容を初めて提示する渾身…1934年3月21日夕刻、函館の街を襲った大火は一晩で2千人以上の命を奪い、日本災害史上に残る大惨禍をもたらした。しかし、被害の詳細を扱った学術的記録はこれまで存在しない。榎本武揚の遠戚にあたる歴史学者が、函館の自然環境から説き起こし、行政資料や新聞記事、被災者の手記、そして139名にも及ぶ存命の証人たちへの膨大な聞き書きを総合し、一つの都市災害の全容を初めて明らかにした渾身の歴史書。

第一部 函館の環境



第一章 自然環境



 その位置

 海流

 地形

 生物分布

 気候



第二章 都市空間



 国、道との関孫

 市制と市議会

 市の財政

 市域と市街地

 衛生・火災予防組合

 道路と橋

 公共的性格の強い施設



第三章 都市社会



 人口とその構成

 産業

 貿易

 金融

 交通と運輸

 教育



第二部 函館の大火



第四章 危機管理と大火の歴史



 危機管理

 消防の近代化

 その成果

 大火直前の消防体制



第五章 大火の日



 市民生活

 大火の当日

 当日の気象状況

 天気予報

 火災発生

 消防隊の到着

 住民の避難

 その後の消火活動

 避難民の増加

 函館駅と避難民

 ライフラインの状況

 避難と誘導

 西部地区へ

 亀田方面へ

 五稜郭公園方面へ

 東川町の護岸と大森浜の悲劇

 橋の惨劇

 新川周辺の人々

 砂山の挽歌

 湯の川へ

 市内での目撃

 上海岸からの目撃

 大野村・七飯村からの目撃

 下海岸からの目撃

 下北半島からの目撃



第三部 鎮火とその後



第六章 後手に回った危機管理



 焼け野原

 危機管理の具体策

 罹災者の収容

 医療救護

 遺体の収容

 焼け跡整理

 復旧措置

 さまざまな機関と団体の増派と応援

 道庁臨時函館出張所の設置



第七章 荒廃と混乱



 社会の荒廃

 伝染病の多発

 物価の高騰

 御真影の取り扱い



第八章 責任と被害



 大火の法的責任

 大火になった原因

 被害を大きくした原因

 被害一覧



第九章 復興



 人の移動

 救恤金と物資

 保険金の支払い

 復興の都市計画

 経済の動向



終 章 大火の記憶



 文字表現による記憶

 絵・映像・歌で残された記憶

 慰霊・消防訓練で残された記憶







証人リスト

 大火から避難した証人A

 匿名希望の避難した証人B

 大火を目撃した証人C

 匿名希望の目撃した証人D



状況推移表

あとがき

宮崎 揚弘[ミヤザキ アキヒロ]
1940年,東京都に生まれる。慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程修了。慶應義塾大学名誉教授。専攻は近世フランス史。著書『フランスの法服貴族──18世紀トゥルーズの社会史』(同文舘出版,1994年)『ヨーロッパ世界と旅』(編著,法政大学出版局,1997年),『続・ヨーロッパ世界と旅』(編著,法政大学出版局,2001年),『災害都市,トゥルーズ──17世紀フランスの地方名望家政治』(岩波書店,2009年),『ペストの歴史』(山川出版社,2015年)。訳書に,アーサー・ヤング『フランス紀行──1787,1788&1789』(法政大学出版局,1983年),同『スペイン・イタリア紀行』(同,2012年)など。

内容説明

一九三四年三月二一日夕刻、函館の街を襲った大火は一晩で二千人以上の命を奪い、日本災害史上に残る大惨禍をもたらした。しかし、被害の詳細を扱った学術的記録はこれまで存在しない。榎本武揚の遠戚にあたる歴史学者が、函館の自然環境から説き起こし、行政資料や新聞記事、被災者の手記、そして一三九名にも及ぶ存命の証人たちへの膨大な聞き書きを総合し、一つの都市災害の全容を初めて明らかにした渾身の歴史書。

目次

第1部 函館の環境(自然環境;都市空間;都市社会)
第2部 函館の大火(危機管理と大火の歴史;大火の日)
第3部 鎮火とその後(後手に回った危機管理;荒廃と混乱;責任と被害;復興;大火の記憶)

著者等紹介

宮崎揚弘[ミヤザキアキヒロ]
1940年、東京都に生まれる。慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻博士課程修了。慶應義塾大学名誉教授。専攻は近世フランス史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

見もの・読みもの日記

0
函館の自然環境から説き起こし、昭和9年、爆弾低気圧の夜に起きた大火災の様子を詳述する。人々が強風と火焔、そして冷たい海に追いつめられていくのが恐ろしい。2017/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11296207

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。