老いと看取りの社会史

個数:

老いと看取りの社会史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 251,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588312045
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C1021

内容説明

平均寿命がのび、未曽有の高齢化社会が到来しつつある日本。古来、人々は〈老い〉をどう生きたか、その生活・意識・病などの実態を明らかにしながら、時代相としての老人の遇し方、扶養と介護の精神および制度、期待される老人像などを探り、高齢化社会の問題意識に応える。

目次

第1章 老いを迎える年齢
第2章 前近代社会における老いの評価
第3章 老いと病
第4章 老人介護を支える孝の論理と仏罰
第5章 老いの生活規範
第6章 近世の医書『病家須知』にみる看護
第7章 近代の家庭看護と斉家論

出版社内容情報

1992年度サントリー学芸賞受賞 古来,人々は〈老い〉をどう生きたか。その生活.意識.病などの実態を明らかにし,時代相としての老人の遇し方,扶養と介護の精神,期待される老人像などを探る。