四万十川〈1〉山行き

個数:
  • ポイントキャンペーン

四万十川〈1〉山行き

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 23時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 345p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588300318
  • NDC分類 384.35

内容説明

今年97歳になる田辺翁は、前世紀までの流域の暮らしを隅々まで知る数少ない証人として、獣や鳥や魚たちと共に生きた日々の記憶を克明に語る。日本一の腕前を誇る猪猟を中心に、狩りにまつわる興趣つきない話を縦横に語る。

目次

1 田辺竹治翁―人間の器用(四万十川今昔;明治、大正、昭和、平成と生きて)
2 猪猟と鹿猟の話(猟に生きる―わしばあ猟をやったもんがあるかえ;猪と猟師―猪くらい素手でも捕まえてやる ほか)
3 もろもろの獣の話(猿;狸とノイ、穴熊、狐 ほか)
4 犬と野犬、猫と山猫(犬の話;猫と山猫)

著者紹介

永沢正好[ナガサワマサヨシ]
1940年高知県中村町(現四万十市)生まれ。東京教育大学文学部史学科史学方法論(民俗学)卒。元香川県高等学校教員。元香川県学校図書館協議会会長。高松市在住。小山学園愛育幼稚園顧問。日本風俗史学会、民話と文学の会、四国民俗学会、香川民俗学会等会員

出版社内容情報

本書(全3巻)は四万十川について克明に語られた20年余にわたる聞書の集大成。