ものと人間の文化史<br> 玉ころがし

個数:

ものと人間の文化史
玉ころがし

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月16日 02時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 351p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588218811
  • NDC分類 798
  • Cコード C0320

出版社内容情報

永井荷風、尾崎紅葉、田村松魚、前田河広一郎、広津和郎、林芙美子、谷譲次、川崎長太郎、川端康成……。さまざまな文人たちによって記録された遊技「玉ころがし」とは何か。明治初期、香具師の露天営業で流行し、「ジャパニーズ・ローリング・ボール」としてアメリカへ伝播し、「スキー・ボール」にかたちを変え今日まで継承される。パチンコ誕生以前に興隆し消えていった幻の遊技の歴史をたどる。

内容説明

失われた遊技を思い出す。明治初期、香具師の露天営業で流行し、「ジャパニーズ・ローリング・ボール」として興行師とともに国外へ伝播し、「スキー・ボール」にかたちを変えて今日まで継承される。「もの」と「人間」の移動によって発展し、消えていった幻の遊技の通史。

目次

ビリヤード(玉突き)とバガテール(玉ころがし)の起源
江戸末期、バガテールが玉ころがしとなる
明治一一年、玉ころがし、新聞初登場
木村荘八『東京の風俗』の玉ころがし
明治一五年五月、玉ころがし営業に警察の鑑札
尾崎紅葉『紫』の玉転がし
明治二九年、櫛引弓人が玉ころがしをアメリカへ
明治三四年、片山潜『渡米案内』
米国の玉ころがし、台湾の玉ころがし、朝鮮の玉突き
明治三七年、セントルイス万博の玉ころがし
永井荷風と田村松魚の玉ころがし
明治四〇年、前田河広一郎の玉ころがし
明治四〇年、「スキー・ボール」発明さる!
日米の玉ころがし特許と大正五年のスキー・ボール改良特許
大正一〇年、中山岩太夫妻、ライビーチで玉ころがし
大正一〇年、めりけんじゃっぷ、長谷川海太郎の玉ころがし
排日移民法下の玉ころがしとスキー・ボール
「浅草紅團」の射的、玉ころがし、パチンコ
松屋スポーツランドのスキイ・ボオリング
真珠湾攻撃、玉ころがし消える
戦後のパチンコと玉ころがし
昭和三三年、最後の玉ころがし

著者等紹介

杉山一夫[スギヤマカズオ]
1950年、横須賀市生まれ。72年、若江漢字夫妻に銅版画の手ほどきを受ける。以後独学で内外の国際展に出品。アンダーワールドの女性たちを描き、82年、日本版画協会奨励賞受賞。主な受賞歴に、91年、第3回ルブリン・マイダネク国際反戦芸術トリエンナーレ準大賞受賞など。大英博物館ほかに作品収蔵。神奈川国際版画アンデパンダン展委員、日本版画協会委員、かながわ版画振興会事務局長を経て、89年、昭和が消えるとともにパチンコのルーツ解明に挑む。2020年6月、パチンコ誕生博物館をオープンする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。