ものと人間の文化史<br> かるた

個数:

ものと人間の文化史
かるた

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月23日 13時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 358p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588217319
  • NDC分類 798
  • Cコード C0321

内容説明

ポルトガルからの伝来以降、日本の伝統的美術・文芸・芸能を幅広く取り入れ、独自の発展をとげた“かるた”の歩みを、“いろはかるた”や“百人一首”はもとより、“賭博系かるた”にいたるまで、克明にあとづける。

目次

第1章 カルタ日本に上陸す(カルタの伝来;カルタの中国経由伝来説の提唱 ほか)
第2章 日本化するカルタ(江戸時代前期のカルタ遊技;文芸作品にみるカルタの浸透、普及 ほか)
第3章 日本式かるたの誕生(日本式かるたの基本的な性格;「絵合せかるた」の誕生;第4章 賭博カルタ文化の開花(享保の改革によるカルタ賭博処罰の緩和;博奕用具の制作、販売の公認 ほか)
第5章 かるた文化の全盛(「絵合せかるた」の盛行;結びつきの深かった芝居見物とかるた ほか)
第6章 かるたの近代(かるたの王国の崩壊と江戸かるたの残照;明治政府の博奕取締り ほか)
第7章 かるたの現在(昭和後期のかるた文化の消長;昭和後期の賭博遊技事情 ほか)

著者紹介

江橋崇[エバシタカシ]
1942年に生まれる。1966年、東京大学法学部卒業。法政大学法学部教授(憲法学)を経て、同大学名誉教授。遊戯史学会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)