ものと人間の文化史<br> ごぼう

個数:

ものと人間の文化史
ごぼう

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月21日 19時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 247,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588217012
  • NDC分類 626.47
  • Cコード C0320

内容説明

縄文時代に大陸から伝わって以来、各地に固有の品種や調理法が生まれ、和食に欠かせない食材になったごぼう。そのルーツを神饌や祭り、儀礼に探り、稲作以前の農耕文化の痕跡を浮きぼりにする。

目次

ごぼう食文化のはじまり
ごぼう利用の歴史
ごぼうの名産品・特産品をたずねて
ごぼう祭りの伝統
「ごぼう」の儀礼にみる畑作文化
儀礼食物「ごぼう」に日本料理の原点をみる
焼畑農耕儀礼から発展した「田楽」料理
ごぼう料理の形成から発展へ
ごぼう料理の地域的分布と食文化
ごぼうの薬効と栄養
ごぼうを通してみる日本食文化の特徴

著者紹介

冨岡典子[トミオカノリコ]
1947年石川県生まれ。奈良教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。博士(学術)。畿央大学助教授、帝塚山大学非常勤講師、近畿大学非常勤講師を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件