ものと人間の文化史<br> 檜

個数:

ものと人間の文化史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月24日 08時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588215315
  • NDC分類 653.6
  • Cコード C0320

内容説明

法隆寺や東大寺、伊勢神宮など、この木材でなければ長命を保てなかったと言われる。わが国の「木の文化」に重要な役割を果たしてきた樹木の生態から加工までたどる。

目次

第1章 ヒノキとはこんな特徴をもつ樹木
第2章 日本文化黎明期のヒノキ
第3章 建築材としてのヒノキの需給事情
第4章 伊勢神宮式年遷宮用材と御杣山の変遷
第5章 最良のヒノキ材を産出する木曽山をめぐる歴史
第6章 木材工芸に最適なヒノキ材
第7章 ヒノキ造りの百万塔と仏像
第8章 植物性屋根葺き材としての桧皮
第9章 ヒノキのブランド材を生産する林業地
第10章 ヒノキの年輪は記録し、そして語る

著者紹介

有岡利幸[アリオカトシユキ]
1937年、岡山県に生まれる。1956年から1993年まで大阪営林局で国有林における森林の育成・経営計画業務などに従事。1993~2003年3月まで近畿大学総務部総務課に勤務。2003年より(財)水利科学研究所客員研究員。1993年第38回林業技術賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)