ものと人間の文化史<br> 熊

個数:

ものと人間の文化史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月21日 20時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 371p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588214417
  • NDC分類 489.57
  • Cコード C0320

内容説明

本州に生息するツキノワグマを中心に、熊と人との精神史的関係を描き、熊を通して人間の生存可能性にもおよぶ自然誌・動物文化史。

目次

敬われてきた熊
第1部 熊と人里(鳥海山のシシオジ・金子長吉と熊;朝日山麓の小田甚太郎熊狩記;大鳥の亀井一郎と熊;飯豊山麓藤巻の小椋徳一と熊;里と熊;熊と食;熊の捕獲;狩りの組織と村の変貌)
第2部 熊と人間が取り結ぶ精神世界(熊・母系・山の神;熊を敬う人々;山中常在で去来しない山の神、大里様と熊;闇の支配者;熊の霊;熊の頭骨;熊の像;熊祭りの性格)
第3部 文芸にみられる熊
熊神考

著者紹介

赤羽正春[アカバマサハル]
1952年長野県に生まれる。明治大学卒業、明治学院大学大学院修了。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)