ものと人間の文化史<br> 石干見―最古の漁法

個数:

ものと人間の文化史
石干見―最古の漁法

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588213519
  • NDC分類 384.36

内容説明

沿岸部に石垣を築き、潮夕作用を利用して漁獲する原初的漁法をめぐって、日・韓・台に残る遺構をつぶさに調査・分析し、その形態と構造、技術と操業の実態、所有と管理・保存法などを明らかにして、東アジアの伝統的漁撈文化を浮彫にする。

目次

第1章 石干見の分布
第2章 石干見の形態と構造
第3章 石干見の所有と用益
第4章 沖縄・小浜島の石干見
第5章 奄美諸島および五島列島の石干見漁撈
第6章 韓国の石干見漁業
第7章 澎湖列島における石滬の研究
第8章 澎湖列島における石干見漁業史
第9章 澎湖列島吉貝嶼における石滬の漁場利用
第10章 東アジアの石干見研究―まとめと課題

著者紹介

田和正孝[タワマサタカ]
1954年生まれ。関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。関西学院大学文学部教授。専門は漁業文化地理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)