ものと人間の文化史
鮭・鱒〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 p271/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588213328
  • NDC分類 664.61
  • Cコード C0320

内容説明

鮭・鱒漁の時期とそれにともなう行事、鮭捕り衆の生活などを聞き取りによって再現し、伝説や「送り」の儀礼に見る魚と人間の精神的交流の世界をも描き出す。

目次

第3章 鮭川―面の占有(越後荒川の鮭捕り衆;信濃川・阿賀野川の鮭川 ほか)
第4章 鮭・鱒の増殖―伝承認知の応用(新潟県の鮭・鱒孵化事業;北海道の鮭・鱒孵化事業 ほか)
第5章 鮭の精神世界―伝承の時間と空間(鮭のオオスケ譚誕生の背景;鮭の終漁儀礼と「送り」 ほか)
第6章 鮭・鱒の栄養(鮭の料理;アイヌの鮭料理 ほか)
終章 鮭・鱒の帰属(鮭・鱒は誰のものか;鮭・鱒の生態と儀礼の変容 ほか)

著者等紹介

赤羽正春[アカバマサハル]
1952年長野県に生まれる。明治大学卒業、明治学院大学大学院修了。新潟県教育公務員。文化行政課在勤中に奥三面遺跡群の調査に携わる。専攻は民俗学・考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。