ものと人間の文化史<br> 鮭・鱒〈1〉

個数:

ものと人間の文化史
鮭・鱒〈1〉

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588213311
  • NDC分類 664.61

内容説明

鮭・鱒をめぐる民俗研究の前史から現在までを概観するとともに、多彩な漁法と漁具、漁場と社会組織の関係を明らかにし、溯上の実態や鮭待ちの民俗におよぶ。

目次

序章 鮭・鱒をめぐる民俗研究(鮭・鱒民俗研究前史;鮭・鱒民俗研究の本格化;鮭・鱒民俗研究の現在 ほか)
第1章 鮭・鱒の漁法―体躯の延長と有効性(川漁の姿;鮭・鱒の捕り方;サケタタキ棒 ほか)
第2章 鮭・鱒の溯上実態―習性伝承の認知(鮭の早生と晩生;食料としての鮭;鮭溯上の時期 ほか)

著者紹介

赤羽正春[アカバマサハル]
1952年長野県に生まれる。明治大学卒業、明治学院大学大学院修了。新潟県教育公務員。文化行政課在勤中に奥三面遺跡群の調査に携わる。専攻は民俗学・考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)