ものと人間の文化史<br> カツオ漁

個数:

ものと人間の文化史
カツオ漁

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 02時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 343,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588212710
  • NDC分類 664.63
  • Cコード C0320

出版社内容情報

カツオ漁にまつわる伝承を集成して漁業という営みの根源に存在する〈文化〉を探る

内容説明

全国のカツオ漁業の港町を訪ね、漁師たちからの聞き書きをもとに、一本釣り、カツオ漁場、船上の生活、船霊信仰、祭りと禁忌などの伝承を集成し、黒潮に沿ってダイナミックに交流を重ねて形成された漁民たちの独特の文化を掘り起こす。

目次

はじめに 方法としての港町
第1章 カツオ船と漁場
第2章 カツオ一本釣り
第3章 ナムラを追う
第4章 カツオ船の経営と組織
第5章 船上の生活
第6章 大漁を願う

著者等紹介

川島秀一[カワシマシュウイチ]
1952年、宮城県気仙沼市生まれ。法政大学社会学部卒業。東北大学附属図書館、気仙沼市市史編纂室などを経て、リアス・アーク美術館勤務。宮城教育大学非常勤講師、日本口承文芸学会理事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はにゅ

0
実際の漁法だけでなく、カツオにまつわる伝承を聞き取り調査してまとめた系。カツオは回遊性の魚であり、それを追い求める人間の動きも広範囲。西日本の漁師が三陸沖の話を始めたりするぞ。カツオが陸地に接近したがることと人間が陸地が見えなくなるギリギリまで沖に出ることで、漁が成立することなどが紹介されている。カツオ漁の実際については漫画「土佐の一本釣り」に詳しいですけど、この本はそこに書かれていない情報も多いじぇ。 2014/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1511186

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。