文化の進歩と道徳性―カント哲学の「隠されたアンチノミー」

個数:

文化の進歩と道徳性―カント哲学の「隠されたアンチノミー」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月26日 15時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 210p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150999
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C1010

内容説明

カント哲学の根底には、「文化」が人類の道徳的進歩に寄与するとともに、道徳性を破壊しもするという「輝かしき悲惨」の認識が存在する。教育・立法・宗教の位相で生じる、人類の進歩の可能性をめぐる相矛盾する主張(文化と道徳とのアンチノミー)に光をあて、現代世界の倫理的課題を問い直す。

目次

第1章 批判哲学におけるアンチノミー概念の再検討(アンチノミー概念の多義性;『純粋理性批判』および『実践理性批判』弁証論のアンチノミー ほか)
第2章 文化と道徳とのアンチノミー(「隠されたアンチノミー」の定式化をめぐって;「文化」概念に関連する先行研究の問題 ほか)
第3章 教育における「自由と強制とのアンチノミー」(教育思想における「隠されたアンチノミー」;『教育学』における「自由と強制とのアンチノミー」 ほか)
第4章 法における「自立と平等とのアンチノミー」(歴史哲学における「隠されたアンチノミー」;「自立」概念についての考察 ほか)
第5章 宗教における「宗教共同体と倫理的共同体とのアンチノミー」(『宗教論』における「隠されたアンチノミー」;「感性的図式」としての宗教共同体 ほか)

著者等紹介

大森一三[オオモリイチゾウ]
1982年生まれ。法政大学兼任講師、中央大学政策文化総合研究所客員研究員、博士(哲学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

カント批判哲学の根底には、「文化」が人類の道徳的進歩に寄与するとともに、道徳性を破壊しもするという「輝かしき悲惨」の認識が存在する。教育・立法・宗教の位相で生じる、人類の進歩の可能性をめぐる相矛盾する主張(文化と道徳とのアンチノミー)に光をあて、『判断力批判』や『宗教論』などのテキストをカント自身の思考の文脈から読み解くことで、現代世界の倫理的課題を問い直す。