原子論の可能性―近現代哲学における古代的思惟の反響

個数:
  • ポイントキャンペーン

原子論の可能性―近現代哲学における古代的思惟の反響

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 352p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150968
  • NDC分類 133
  • Cコード C3010

内容説明

原子論とは、世界がそれ以上分割できない最小単位、原子(アトム)から構成されているとする説である。古代ギリシアのデモクリストらに始まり、エピクロスやルクレティウスが提唱したこの世界観は、ガッサンディからヒューム、ライプニッツ、マルクスなどによる哲学的改訂を経て、現代科学にまで息づいている。明治日本における受容史や現代物理学の視点をも展望する、本邦初、全11章の包括的論集。

目次

第1章 古代原子論―デモクリトスとエピクロス、二つの原子論の差異をめぐって(金澤修)
第2章 ピエール・ガッサンディの原子論―エピクロス主義、キリスト教、新科学(坂本邦暢)
第3章 ジョン・ロックと近代粒子説―近現代の存在論、認識論への影響(青木滋之)
第4章 ライプニッツと原子論―“アトム”から“モナド”へ(池田真治)
第5章 ヒューム『対話』のエピクロス的宇宙論―古代原子論とダーウィン主義の間(木島泰三)
第6章 コペルニクス的転回と原子論―カントのライプニッツ受容と批判(小谷英生)
第7章 マルクスの原子論―現実の理想からの疎外(田上孝一)
第8章 ニーチェと原子論―不可分な自己から可分的な自己へ(本郷朝香)
第9章 ハイデガーと古代原子論―古代原子論の現象学的解釈の試み(武井徹也)
第10章 明治期における実在論の系譜と原子論―「一即多」の哲学の展開(白井雅人)
第11章 素粒子と米粒の自己同一性―量子力学的対象と粒子概念(東克明)

著者等紹介

田上孝一[タガミコウイチ]
1967年生。立正大学人文科学研究所研究員、立正大学非常勤講師。博士(文学)

本郷朝香[ホンゴウアサカ]
1972年生。立教大学非常勤講師。博士(人文科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

古代ギリシア以来、多くの哲学者らによる改訂をへて、今日まで息づいている原子論的世界観。明治の受容史をも含めた、初の包括的論…原子論とは、世界がそれ以上分割できない最小単位、原子(アトム)から構成されているとする説である。古代ギリシアのデモクリトスらに始まり、エピクロスやルクレティウスが提唱したこの世界観は、ガッサンディからヒューム、ライプニッツ、マルクスなどによる哲学的改訂を経て、現代科学にまで息づいている。明治日本における受容史や現代物理学の視点をも展望する、本邦初、全11章の包括的論集。

序 【田上孝一】



第1章 古代原子論 デモクリトスとエピクロス、二つの原子論の差異をめぐって

【金澤 修】

はじめに

1 レウキッポスとデモクリトス

2 エピクロス

おわりに



第2章 ピエール・ガッサンディの原子論 エピクロス主義、キリスト教、新科学

【坂本邦暢】

はじめに

1 エピクロス哲学の歴史

2 聖職者にして文献学者にして自然哲学者

3 新たな天文学と原子論

4 摂理の導入と分子

おわりに



第3章 ジョン・ロックと近代粒子説 近現代の存在論、認識論への影響

【青木滋之】

はじめに

1 ガッサンディとロック

2 ボイルとロック

3 『人間知性論』での粒子説の展開──物体の性質と本質、自然学の限界

おわりに



第4章 ライプニッツと原子論 〈アトム〉から〈モナド〉へ

【池田真治】

はじめに

1 初期ライプニッツの原子論──物体的アトムの精神的基礎づけ

2 中期ライプニッツの原子論批判──物体的アトムから実体的アトムへ

3 後期ライプニッツとモナド論──実体的アトムからモナドへ

おわりに



第5章 ヒューム『対話』のエピクロス的宇宙論 古代原子論とダーウィン主義の間

【木島泰三】

はじめに

1 近代における目的論的自然観とイギリスの自然神学

2 ダーウィンとヒューム

3 古典的エピクロス主義とダーウィン主義の差異と連続性

4 『対話』の中でのエピクロス的宇宙論の位置づけ

5 フィロのエピクロス的宇宙論の考察

6 ヒュームの葛藤と『対話』の多声性

おわりに



第6章 コペルニクス的転回と原子論 カントのライプニッツ受容と批判

【小谷英生】

はじめに

1 前批判期の議論──モナド論の修正と擁護

2 批判期におけるモナド論批判

おわりに



第7章 マルクスの原子論 現実の理想からの疎外

【田上孝一】

はじめに

1 ヘーゲルとの邂逅────「父への手紙」

2 最初の疎外概念────自由の根拠としてのパレンクリシス

おわりに



第8章 ニーチェと原子論 不可分な自己から可分的な自己へ

【本郷朝香】

はじめに

1 『善悪の彼岸』一二節

2 原子論から質点理論へ

3 霊魂原子論から主体複合体としての霊魂

4 主体複合体としての霊魂

おわりに



第9章 ハイデガーと古代原子論 古代原子論の現象学的解釈の試み

【武井徹也】

はじめに

1 古代原子論の基本原理

2 ハイデガーにおける古代原子論の現象学的解釈

3 ハイデガーにおける古代原子論の現象学的解釈の射程

おわりに



第10章 明治期における実在論の系譜と原子論 「一即多」の哲学の展開

【白井雅人】

はじめに

1 明治期における原子論理解

2 井上円了の哲学と原子論

3 井上哲次郎の現象即実在論と原子論

4 清沢満之の哲学と原子論

おわりに



第11章 素粒子と米粒の自己同一性 量子力学的対象と粒子概念

【東 克明】

はじめに

1 「重ね合わせ」の状態

2 素粒子の自己同一性

3 丹治氏の分析──「米粒の自己同一性」

4 時間的推移を用いた自己同一性基準

おわりに



人名索引

田上 孝一[タガミ コウイチ]
編集

本郷 朝香[ホンゴウ アサカ]
編集