存在の解釈学―ハイデガー『存在と時間』の構造・転回・反復

個数:

存在の解釈学―ハイデガー『存在と時間』の構造・転回・反復

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 04時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 474,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150647
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C3010

内容説明

西洋哲学史を代表する思想家たちとの対決から切り開かれたハイデガーの思索の道には、テキストの解釈をめぐって数々の変化・起伏・反復が内在する。初期から中期にわたる重層的な思考の展開を、従来必ずしも正面から問われてこなかった「解釈学」の観点から包括的かつ批判的に跡づけ、主著『存在と時間』の方法を支えるハイデガー独自の哲学史観や歴史解釈の根本的意義を究明する画期的研究。

目次

序論
第1部 『存在と時間』の解釈学的構造(形式的告示的解釈学;日常性の解釈学;超越論的解釈学)
第2部 『存在と時間』の解釈学的転回(脱自的瞬間の時間性;解釈学と超越論の相克;永遠回帰と転回)
第3部 『存在と時間』の解釈学的反復(共同存在の解釈学;歴史の解釈学;自然の解釈学)
結論

著者等紹介

齋藤元紀[サイトウモトキ]
1968年生。2002年法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程単位取得退学。現在、法政大学サステイナビリティ研究教育機構リサーチ・アドミニストレータ(PD)、法政大学・大学院兼任講師、国士舘大学、明星大学、首都大学東京、立教大学非常勤講師。博士(哲学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。